HOME

恋愛を知る

恋愛を知る 今日の格言 今週のコラム

キーワード

片思い 結婚 彼氏彼女 元彼(元カレ)元カノ 相性 恋愛傾向 隠れた名作 性格 復縁 浮気 不倫 脈あり モテ 好きな人 両思い 婚期 気持ち アプローチ 才能 金持ち 寂しさ 同棲 遠距離恋愛 既婚者 その他

今週のコラム

このコラムは「恋愛の学校」にて毎日更新されているものを、一週間に一度、無料で提供しています(循環式)。毎日読みたい方(成長速度を早めたい方)はぜひ「恋愛の学校」にお越しください。
挿絵

下記の事例を読んで、少し考えてください。

テーマ「無責任な物言い」

とあるカップルの彼氏は、最近忙しくてなかなか彼女に会うことができなかった。彼氏の職業上それは仕方のないことで、年齢的にも今信頼を失うと将来が危ういから頑張っていたのだが、彼女が寂しがることを心苦しくも思っていた。

彼女は寂しがることはあっても、事情は分かっているから、彼氏の忙しさに不満を言ったことは一度もない。ただ彼女の親友A子は、彼女を思い、彼氏に向かって「そんなに仕事ばかりじゃ彼女がかわいそうだよ。仕事ばかりの人生で楽しい?」などと言うのであった。

この事例について「およそ妥当なこと」を言っているものは下記のうちどれでしょうか。一つ選んでみましょう。

◆親友A子の言うことはおかしいと言える
◆親友A子の言うことは一方的だと言える
◆親友A子は実は彼女のために言っているわけではない

▼正解とコラムを読む▼

校長の解説正解「親友A子の言うことは一方的だと言える」

親友A子の言うことは、その内容自体は正しいし、彼女を思ってそういうことを言っているのだろう。しかしながらお節介というか、一方的なのである。彼氏からすれば「大きなお世話」「お前に何が分かる」と言いたくなるのではないだろうか。

校長は、性格の悪いことを言うが、歌謡曲などでこういったシンプルで当たり前の、聞こえのいい歌詞があるたびに「そりゃそうだけども」と思う。「仕事ばかりじゃ彼女がかわいそう」「仕事ばかりの人生で楽しい?」そりゃそうだけども、である。

このA子の言い方はいかにも無責任ではないだろうか。仕事ばかりじゃ彼女がかわいそう、そんなことは彼氏も分かっていて心苦しく思っているのである。仕事ばかりの人生で楽しい?、そんなことは彼氏だって考えたことがあるだろう。それでもどうにもならなかったり、どうにかなる良い方法が思いつかなかったり、本当にこれでいいのか分からないと思いながら今の状態だったりするのである。そんな風に悩みながら生きている人に向かって、簡単に「それじゃダメだよ」と言うだけでは、それは建設的な意見ではないというだけでなく本人の葛藤が分かっていない(のに口出しをする)という時点で良い迷惑ではないだろうか。

これが難しいのは、彼氏がもし一方的に「そりゃ仕事優先でしょ。彼女が寂しいとか関係ないし」と思っているのなら、つまり葛藤もないのなら、そこにアンチテーゼのように反対意見を入れるのはいいだろう。そこで彼氏にもっと考えてもらう、という効果はあるかもしれない。しかしさんざん悩んでAかBかで葛藤し、心苦しい中でAしかないと思いそれを選んで生きている人に、簡単に「Aだと、こういうデメリットがあるよ。だめだよ」と言うのは無責任にもほどがある。

つまり、AにはAのメリットやデメリットがあり、BにはBのメリットやデメリットがあるから葛藤しているのである。仕方のない事情や、判断の難しいところで選択をしているのに、簡単にそのデメリット部分だけ外野から言うのは、葛藤の中で生きてる人に対して失礼極まりないだろう。ワイドショーのコメンテーターなどにはよく見られることだが、言われた人は「お前に何が分かる」と言いたくなるのではないだろうか。

デメリット側だけ言うという意味で言えば、例えば政治家がAを取るかBを取るかで、どちらを取ってもマスコミが悪く書く風習などもそれに当たるだろう。Aを選べばAによって被害を受ける人の声を拾う、Bを選べばBの問題点を声高に報じる、それはときに無責任である(がしかしジャーナリズムは政治の暴走を防ぐ役割を果たすものだ、という考えに基づけばそれは当たり前かもしれない)。

家庭の悩みや、それ以外でも人生規模の悩みになってくると、それはそれは根深い問題ばかりである。様々なことが絡み合って、環境的な事情としても心理的な事情としてもどうにもならないことがたくさんあり、根深いからこそ人生規模の悩みになっているとも言える。そういう悩みを人に打ち明けたときに、いきなり「だったらこうすればいいんだよ」とか「それはしょうがないよ」とか簡単に言われてショックを受ける人は多い。そういうことを繰り返せば、もう二度と人には相談しない、相談しても無駄だ、とすら思うだろう。無責任な物言いというのは、単に浅慮なだけでなく、悩んでいる人を切り捨てて傷つけるという効果がある。

相手の葛藤を理解し、一緒に考えたり同じ問題で思い悩んだ結果「自分はこう思う」と言うのなら、その言葉は相手に届きやすいだろう。相手の葛藤や苦渋の選択を理解しているかどうかがとても大事なのである。

テレビの向こうの芸能人の離婚について、居酒屋で適当なコメントをして切り捨てるぐらいならともかく、影響を与える立場では慎みたいものである。

このようなコラムが毎日更新!さぁ来てください「恋愛の学校」へ!

HOME